コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋風の曲 あきかぜのきょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋風の曲
あきかぜのきょく

箏曲の曲名。京都の光崎検校箏曲復古の精神に基づいて作曲した新形式の組歌。『六段の調』と合奏できる「前弾き」がある。天保8 (1837) 年烟霞堂蔵板,高向山人序の『箏曲秘譜』としてその楽譜を公刊白楽天の『長恨歌』を題材とする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あきかぜのきょく【秋風の曲】

箏曲(そうきょく)。光崎検校(みつざきけんぎょう)作曲、蒔田雁門(まきたがんもん)作詞により、天保年間(1830~1844)に成立。段物と唄物とを併せた新形式で、歌詞は白居易の「長恨歌」に取材。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

秋風の曲【あきかぜのきょく】

箏曲の曲名。蒔田雁門(まきたがんもん)が白居易の《長恨歌》をもとにして作った歌詞に光崎検校が作曲。俗に〈天保組〉とも。〈六段〉全曲と同一拍子数の長い前弾(まえびき)と一種の組歌形式による歌の部分からなり,〈秋風調子〉といわれる独特の調弦法を用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あきかぜのきょく【秋風の曲】

箏曲名。光崎検校作曲。蒔田雁門(高向山人)作詞。1837年(天保8)刊の《箏曲秘譜》に弦名譜初出。天保初期の作曲か。三味線に付随した箏曲ではなく,八橋検校に始まる段物組歌を理想とした純箏曲を目的として作曲。段物と組歌の合体を試み,前奏に《六段の調》と同拍数の旋律を作曲し,同時に演奏することもできる。歌は,組歌の伝統どおり,六歌から成る。歌詞は,白楽天(白居易)の《長恨歌》の翻案に,謡曲《皇帝》などに引用される〈楊貴妃伝〉を加えたもので,玄宗に召された楊貴妃の喜びと,安禄山の乱で都を追われ殺害されたこと,そして妃亡き後の玄宗の悲嘆を,2歌ずつ,序破急にまとめている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あきかぜのきょく【秋風の曲】

箏曲そうきよくの一。天保年間(1830~1844)蒔田雁門作詞、光崎検校作曲。歌詞内容は「長恨歌」の自由訳。段物形式の前奏部分と組歌形式の歌の部分から成る。純箏曲の復興を意図した画期的な作品。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋風の曲
あきかぜのきょく

箏曲(そうきょく)の曲名。天保(てんぽう)年間(1830~1844)高向山人(たかむくさんじん)こと蒔田雁門(まきたがんもん)作詞、光崎検校(みつざきけんぎょう)作曲。中国、唐の玄宗皇帝と楊貴妃(ようきひ)との恋愛をテーマに、白楽天(はくらくてん)の『長恨歌(ちょうごんか)』を詞章に取り入れている。安禄山(あんろくざん)の変のおり、四川(しせん)に逃れる途中、楊貴妃が秋風の吹く馬嵬(ばかい)で殺されたことから、この題名がついた。従来、三味線に従属していた箏(こと)が、箏独自の旋律やリズム進行で、新しい道を切り開いた作品として重要。全体に静かで、もの寂しい曲調につくられ、ミ・ファ・ラ・シ・レ・ミの音程関係でできた「秋風調子」を用いている。[茂手木潔子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

秋風の曲の関連キーワード三橋検校葛原勾当千鳥の曲段合せ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋風の曲の関連情報