コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天初蘂源 てんしょ ずいげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天初蘂源 てんしょ-ずいげん

1451-1524 室町-戦国時代の僧。
宝徳3年生まれ。伊達持宗(もちむね)の子。曹洞(そうとう)宗。越後(えちご)(新潟県)耕雲寺の周剛宗厳(しゅうこう-そうごん)の法をつぐ。明応7年父がたてた陸奥(むつ)伊達郡(福島県)輪王寺3世。のち耕雲寺の住持となった。大永(たいえい)4年5月14日死去。74歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

天初蘂源の関連キーワード戦国時代

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android