コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺門 ジモン

百科事典マイペディアの解説

寺門【じもん】

日本仏教の一派。園城(おんじょう)寺を本山とする天台宗の一派をいう。山門(さんもん)(延暦(えんりゃく)寺)に対す。天台宗は最澄(さいちょう)の法統を継ぐものが座主(ざす)を務めてきたが,10世紀に至り,円仁(えんにん)と円珍(えんちん)の間に座主の地位をめぐって確執を生じ,993年円珍の末徒千余人は比叡(ひえい)山を下って園城寺に入り,以後,円仁の末徒との間に数百年にわたって抗争が続いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じもん【寺門】

寺の門。また、寺院。
滋賀県大津の園城寺おんじようじ(三井寺)の別名。 → 山門

てらかど【寺門】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の寺門の言及

【延暦寺】より

…しかし,このころから慈覚(円仁),智証(円珍)両門徒の対立が進行激化し,ついに993年(正暦4)に至って慶祚以下の智証派1000余人は下山して園城寺(三井寺)に拠った。山門と寺門(三井寺)の対立はここに始まり,以後,鎌倉末期に至るまで,山門衆徒が園城寺を焼くこと7度に及んだ。僧兵化した山徒の横暴は平安時代末の院政期にもっともはなはだしく,座主の任命や寺領の問題で朝廷に強訴(ごうそ)をかけることがたび重なり,1095年(嘉保2)から強訴のとき日吉(ひよし)の神輿をかつぎ出すことが例となった。…

【園城寺】より

…滋賀県大津市にある天台寺門宗の総本山。山号は長等山。…

【山門(三門)】より

…大徳寺三門(1589)などが代表作であるが,現存遺構中最古とされる東福寺三門(1410ころ)は,大仏様(天竺様)の影響をみせる。なお建築とは別に,天台宗の比叡山延暦寺をさしてとくに〈山門〉と呼び,これより出て別派をなした園城寺(三井寺)を〈寺門〉と呼んで,両者を対比区別した呼称がある。禅宗寺院建築【沢村 仁】。…

※「寺門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寺門の関連情報