コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天壇憲法草案 てんだんけんぽうそうあんTian-tan xian-fa cao-an; T`ien-t`an hsien-fa ts`ao-an

1件 の用語解説(天壇憲法草案の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天壇憲法草案
てんだんけんぽうそうあん
Tian-tan xian-fa cao-an; T`ien-t`an hsien-fa ts`ao-an

中国,中華民国初期の憲法草案。 1913年 10月,袁世凱と彼の率いる北洋軍閥に対立していた国民党は,中華民国臨時約法と同様に立法部優先主義に基づく正式憲法を制定し,袁世凱の独裁化を防ごうとはかった。起草された憲法草案は,11章 113条から成り,二院制,責任内閣制を採用し,衆議院の大総統に対する弾劾権を明記していた。しかしこの草案は 11月4日,国民党解散令を発した袁により葬り去られた。北京の正陽門外の天壇祈年殿で憲法起草委員会が開かれたため,この名がつけられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

天壇憲法草案の関連キーワードデトリングバルカン戦争光の科学史徳川文庫ウィルソン朝永三十郎阿部守太郎市川久女八(初代)江頭安太郎柏木幸助

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone