大総統(読み)だいそうとう(英語表記)da-zong-tong; ta-tsung-t`ung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大総統
だいそうとう
da-zong-tong; ta-tsung-t`ung

中国,辛亥革命後,中華民国に設けられた元首名称。大総統は,袁世凱時代を除いて議院内閣制のもとに制定され,それほど強大な権限をもつものではなかった。歴代の大総統とその任期は以下のとおりである。 (1) 臨時大総統 (a) 孫文 (1912.1.~2.) ,(b) 袁世凱 (12.3.~13.10.) 。 (2) 大総統 (a) 袁世凱 (13.10.~16.6.) ,(b) 黎元洪 (16.6.~17.7.) ,(c) 馮国璋 (代理,17.7.~18.10.) ,(d) 徐世昌 (18.10.~22.6) ,(e) 黎元洪 (22.6.~23.10) ,(f) 曹こん (23.10.~24.11.) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だい‐そうとう【大総統】

〘名〙 辛亥革命成立後、一九一二年から二四年まで、中華民国に設けられた元首の称号。のち、総統と改称、四八年蒋介石が初代総統に就任。〔袖珍新聞語辞典(1919)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報