コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天壇祈年殿(読み)てんだんきねんでん(英語表記)Tian-tan gi-niandian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天壇祈年殿
てんだんきねんでん
Tian-tan gi-niandian

中国,北京市崇文区天壇公園内に残る礼制施設。天壇は冬至の日,および即位の大典の直前や親征に出る前などに,天子が天を祀り,豊作を祈るための円形の壇。古くは圜丘 (えんきゅう) といったが,明の嘉靖 13 (1534) 年に天壇と改められた。現在の天壇は明の永楽 18 (1420) 年の北京遷都以来のもので,中心には大祀殿があった。嘉靖9年に天地合祀をやめ,大祀殿の前に圜丘を造った。なお8年後には大祀殿を取りこわして大享殿を建て,清の乾隆 16 (1751) 年に祈年殿と改名。その後,光緒 15 (1889) 年に雷火で焼失し,同 26年に重建したのが現在の建物である。平面円形で三重屋根,軒先から次第に細くなっていく瑠璃 (るり) 瓦は,大理石の三層基壇の白色とともに異彩を放っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android