コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

約法 やくほうYue-fa; Yüeh-fa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

約法
やくほう
Yue-fa; Yüeh-fa

中華民国で制定された暫定的憲法。 1912年3月 11日に公布された中華民国臨時約法 (旧約法) は,全文7章 56条から成り,立法部優位主義の立場から当時の臨時大総統袁世凱の専制支配を抑止する役目をもっていた。一方 14年5月1日に公布された中華民国約法 (新約法) は,袁世凱の独裁政治体制の確立に法的保障を与えたが,帝制運動に失敗した袁の死により消滅した。またこのほかに 31年6月1日,国民政府主席蒋介石により公布された訓政時期約法があり,47年1月1日,中華民国憲法公布時まで,国家の基本法としての役割を果した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やくほう【約法 yuē fǎ】

中華民国時期に制定された暫定的な基本法。中華民国臨時約法(旧約法),中華民国約法(新約法),中華民国訓政時期約法の三つがある。〈中華民国臨時約法〉は辛亥革命時期に臨時参議院の約法起草会議で起草され,1912年3月11日臨時大総統袁世凱の名で公布された。7章56条から成り,正式憲法制定まで憲法と同等の効力を持つとされ,おもな内容は,(1)主権は国民全体に属す,(2)人民は居住・移転・財産・言論・出版・集会・結社・信教などの自由権と選挙権・被選挙権を有する,(3)一院制としての参議院に,臨時大総統・国務員に対する弾劾権,臨時大総統の権限の一部に対する同意権を与える,(4)臨時大総統は参議院により選挙される,など。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

約法
やくほう

中華民国で制定された暫定的な基本法。いわば今日の憲法にあたり、3種がある。第一の「中華民国臨時約法」は辛亥(しんがい)革命直後の1912年3月に制定され、臨時大統領袁世凱(えんせいがい)の権力の拘束をおもな目的としていたが、14年袁に破棄された。第二の「中華民国約法」(1914年3月公布)は袁世凱が独裁的政治体制を合法化するために制定されたが、彼の死(1916)によって自然消滅した。第三の「訓政時期約法」(1931年6月公布)は国民政府主席蒋介石(しょうかいせき)が制定したもので、46年12月まで、形式的にはもっとも長く存続した。[倉橋正直]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

約法の関連キーワード改正労働契約法の「5年ルール」条約法に関するウィーン条約労働契約法と就業規則消費者団体訴訟制度ウィーン条約法条約解雇規制の緩和論議コンシダレーションクーリング・オフ無期転換ルール裁判外紛争処理改正労働契約法来栖三郎(2)エビングハウス適格消費者団体金融商品販売法安全配慮義務契約転換制度ブライアリー天壇憲法草案消費者契約法

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android