コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

約法 やくほう Yue-fa; Yüeh-fa

3件 の用語解説(約法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

約法
やくほう
Yue-fa; Yüeh-fa

中華民国で制定された暫定的憲法。 1912年3月 11日に公布された中華民国臨時約法 (旧約法) は,全文7章 56条から成り,立法部優位主義の立場から当時の臨時大総統袁世凱の専制支配を抑止する役目をもっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やくほう【約法 yuē fǎ】

中華民国時期に制定された暫定的な基本法。中華民国臨時約法(旧約法),中華民国約法(新約法),中華民国訓政時期約法の三つがある。〈中華民国臨時約法〉は辛亥革命時期に臨時参議院の約法起草会議で起草され,1912年3月11日臨時大総統袁世凱の名で公布された。7章56条から成り,正式憲法制定まで憲法と同等の効力を持つとされ,おもな内容は,(1)主権は国民全体に属す,(2)人民は居住・移転・財産・言論・出版・集会・結社・信教などの自由権と選挙権・被選挙権を有する,(3)一院制としての参議院に,臨時大総統・国務員に対する弾劾権,臨時大総統の権限の一部に対する同意権を与える,(4)臨時大総統は参議院により選挙される,など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

約法
やくほう

中華民国で制定された暫定的な基本法。いわば今日の憲法にあたり、3種がある。第一の「中華民国臨時約法」は辛亥(しんがい)革命直後の1912年3月に制定され、臨時大統領袁世凱(えんせいがい)の権力の拘束をおもな目的としていたが、14年袁に破棄された。第二の「中華民国約法」(1914年3月公布)は袁世凱が独裁的政治体制を合法化するために制定されたが、彼の死(1916)によって自然消滅した。第三の「訓政時期約法」(1931年6月公布)は国民政府主席蒋介石(しょうかいせき)が制定したもので、46年12月まで、形式的にはもっとも長く存続した。[倉橋正直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

約法の関連キーワードドイツ基本法五色旗民国中華民国訓政時期約法中華民国軍政府中華民国国民政府中華民国土地法中華民国約法中華民国臨時政府中華民国臨時約法

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

約法の関連情報