天山南北路(読み)てんざんなんぼくろ(英語表記)Tian-shan nanbei-lu; T`ien-shan nan-pei-lu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天山南北路
てんざんなんぼくろ
Tian-shan nanbei-lu; T`ien-shan nan-pei-lu

天山山脈北部のジュンガリア (ジュンガル盆地) からイリ地方と,南部のカシュガリア (タリム盆地) の呼称。前者を準部,後者を回部または回疆と呼ぶことがある。ほぼ現在のシンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区全域にあたる。また一般に,それぞれの地域を東西に通過する交通路をいう場合もある。北路は周囲に広大なステップが開けているため,歴史的に遊牧勢力の領域となり,南路はタクラマカン砂漠周辺の多くのオアシス都市と南北の2道 (→西域南北道 ) によって古くから栄えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android