コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竺仙梵僊 じくせん ぼんせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竺仙梵僊 じくせん-ぼんせん

1292-1348 元(げん)(中国)の僧。
至元29年11月15日生まれ。臨済(りんざい)宗。古林清茂(くりん-せいむ)の法をつぐ。嘉暦(かりゃく)4年明極楚俊(みんき-そしゅん)とともに来日し,浄智寺,南禅寺,建長寺などの住持となる。清茂門下の雪村友梅(せっそん-ゆうばい)らと金剛幢下(とうか)という友社をつくり,五山禅林で指導的役割をはたした。貞和(じょうわ)4=正平(しょうへい)3年7月16日死去。57歳。明州(浙江(せっこう)省)出身。俗姓は徐。号は来来禅子,思帰叟など。著作に「竺仙和尚語録」「円覚経注」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

竺仙梵僊

没年:貞和4/正平3.7.16(1348.8.11)
生年:至元29.11.15(1292.12.24)
鎌倉末・南北朝時代の臨済宗古林派の禅僧。五山文芸興隆の基礎をつくった。別号は来来禅子,寂勝幢,思帰叟。明州(浙江省)象山県の徐氏の出身。母は欧陽氏。中峰明本らに学んだのち,金陵(南京)保寧寺の古林清茂の法を嗣いだ。元徳1(1329)年明極楚俊と共に来日し,北条高時の命で鎌倉の浄妙寺に住した。その後も足利尊氏,直義らの帰依を受け,建武1(1334)年に浄智寺に移り,また相模(神奈川県)三浦の無量寺の開山となった。暦応4/興国2(1341)年に勅によって京都南禅寺に住し,さらに山城(京都府)真如寺を経て鎌倉建長寺に移っており,日本禅林の水準を高からしめ,また清茂に学んだ人々と金剛幢下という友社をつくり,文芸活動を行い宋・元文化の移植を行った功績は大きい。『竺仙和尚語録』『竺仙和尚法語』『来来禅子集』『円覚経註』などがある。<参考文献>玉村竹二『五山禅僧伝記集成』

(佐藤秀孝)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じくせんぼんせん【竺仙梵僊】

1292‐1348
中国,元より渡来した鎌倉時代の五山禅僧。来来禅子と号す。明州に生まれ,幼少にして寺に入り,別流,瑞雲,中峰ら多くの禅匠を歴参したのち,保寧寺の古林清茂(くりんせいむ)の法を継いだ。1329年(元徳1)請われて明極楚俊(みんきそしゆん)に随伴して日本に渡来した。明極が建長寺に入寺すると,その首座(しゆそ)を務め,のち浄智寺,浄妙寺,南禅寺,建長寺などに住した。日本では金剛幢下(古林の会下)の禅僧の信奉者が多く,その代表的存在だった竺仙も,花園上皇をはじめ,足利直義大友貞宗など公武の間に広く支持者がいた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竺仙梵僊
じくせんぼんせん
(1292―1348)

鎌倉末期の臨済(りんざい)宗の来朝僧。中国、明州(浙江(せっこう)省)の人。俗姓は徐(じょ)氏。古林清茂(くりんせいも)(1262―1329)の法を嗣(つ)ぎ、1329年(元徳1)明極楚俊(みんきそしゅん)とともに来朝。北条高時(ほうじょうたかとき)の命で鎌倉の浄妙寺(じょうみょうじ)に住した。室町時代に入ると足利尊氏(あしかがたかうじ)・直義(ただよし)の帰依(きえ)を受け、鎌倉の浄智寺(じょうちじ)、三浦の無量寺(むりょうじ)、京都の南禅寺、鎌倉の建長寺に歴住し、1348年(正平3・貞和4)7月16日示寂。『竺仙和尚(わじょう)語録』『法語』『円覚経註(ちゅう)』などを撰(せん)した。[中尾良信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

竺仙梵僊 (じくせんぼんせん)

生年月日:1292年11月15日
鎌倉時代後期;南北朝時代の臨済宗古林派の僧
1348年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の竺仙梵僊の言及

【漢詩文】より

…当時,中国には笑隠大訢(しよういんたいきん)という禅僧が出て,禅四六の作法を一定し,これを〈蒲室疏法(ほしつそほう)〉と称したが,中巌円月,絶海中津はこの法を体得した。またこの時代には,清拙正澄(せいせつしようちよう),明極楚俊(みんきそしゆん),竺仙梵僊(じくせんぼんせん)など,中国僧の来朝があり,これらの人の作品は,正真正銘の“漢”文だったので,五山文学中とくに光彩を放った。その後義堂周信,絶海中津も和様に流れることきわめて少なかった。…

※「竺仙梵僊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竺仙梵僊の関連キーワード夢中問答集大高重成天岸慧広椿庭海寿生年月日玉村竹二春屋妙葩大喜法忻大年法延漢文学梵僊

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android