コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天気痛 テンキツウ

とっさの日本語便利帳の解説

天気痛

気象の急変をもたらす前線通過などによって起こる体の痛み。リウマチ外傷神経疾患の痛みなど。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

知恵蔵miniの解説

天気痛

低気圧が近づき天気が悪くなると、持病や古傷が痛む現象のこと。具体的には、頭痛・肩こり・腰痛・リウマチ痛・神経痛などが悪化したり、骨折・手術・怪我などの跡が痛んだりする。日本人の3人に1人は天気痛を経験しているとされる。原因としては、気圧の減少に関連して脳がストレスを感じ、交感神経が興奮して痛感神経を刺激することが主とされており、痛みが発生する前に乗りもの酔い止め薬を飲んでおくことで予防することができる。ドイツのハンブルグ気象台では、1952年から気象が健康状態に与える影響の予報が進められたといい、ヨーロッパ諸国や米国では国の機関による天気痛予報サービスが行われている。日本でも民間企業により天気痛予報サービスが提供されている。

(2015-1-23)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

天気痛の関連キーワード生気象学低気圧気象病

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天気痛の関連情報