人工放射性核種(読み)ジンコウホウシャセイカクシュ

化学辞典 第2版「人工放射性核種」の解説

人工放射性核種
ジンコウホウシャセイカクシュ
artificial radioactive nuclide

放射性核種のうち,天然には存在せずになんらかの方法で人工的につくられたものをいう.1934年,I. Joliot-Curie(ジョリオ-キュリー),J.F. Joliot-Curie(ジョリオ-キュリー)らは,27Al(α,n)30P反応による人工放射性核種 30P の生成を発見し,これがその後の核および放射化学の急速な発展の糸口となった.人工放射性核種の出現により,Tc,Pm,AtやNpをはじめとする超ウラン元素などの人工元素が得られるようになった.現在,1000を超える多数の人工放射性種が知られている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「人工放射性核種」の解説

じんこう‐ほうしゃせいかくしゅ ‥ハウシャセイカクシュ【人工放射性核種】

〘名〙 陽子、α線、β線、中性子などを原子核に当て、人工的な核変換によってつくりだした放射性核種。一九三四年、フランスのジョリオ=キュリー夫妻によって初めてつくられ、現在ではサイクロトロンや原子炉などによってほとんどすべての元素についてつくられている。元素記号の左(または右)肩に質量数、左(または右)下に原子番号を付けた原子核記号で表わす。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android