コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天狗螺 テングニシ

2件 の用語解説(天狗螺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんぐ‐にし【天××螺】

テングニシ科の巻き貝。浅海の砂泥地にすむ。貝殻は長紡錘形で殻高約15センチ。殻口は縦に大きく開き、殻表に黄褐色の厚い皮をかぶる。卵嚢(らんのう)は海ほおずきとよばれる。肉は食用、殻は貝細工用。房総半島以南に分布。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんぐにし【天狗螺】

海産の巻貝。殻高20センチメートル 内外の紡錘ぼうすい形の貝で、殻口は長卵形で下方に向かって細くなる。殻表は黄褐色の毛状の殻皮をかぶる。肉は食用、貝殻は貝細工に用いる。卵囊はいわゆるウミホオズキで子どものおもちゃにする。房総以南に広く分布。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone