コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天狗螺 テングニシ

デジタル大辞泉の解説

てんぐ‐にし【天××螺】

テングニシ科の巻き貝。浅海の砂泥地にすむ。貝は長紡錘形で殻高約15センチ。殻口は縦に大きく開き、殻表に黄褐色の厚い皮をかぶる。卵嚢(らんのう)は海ほおずきとよばれる。肉は食用、殻は貝細工用。房総半島以南に分布。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんぐにし【天狗螺】

海産の巻貝。殻高20センチメートル 内外の紡錘ぼうすい形の貝で、殻口は長卵形で下方に向かって細くなる。殻表は黄褐色の毛状の殻皮をかぶる。肉は食用、貝殻は貝細工に用いる。卵囊はいわゆるウミホオズキで子どものおもちゃにする。房総以南に広く分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

天狗螺 (テングニシ)

学名:Hemifusus ternatanus
動物。テングニシ科の巻き貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

天狗螺の関連キーワードウミホオズキ

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android