天神の森(読み)てんじんのもり

精選版 日本国語大辞典の解説

てんじん【天神】 の 森(もり)

[一] 大阪府藤井寺市道明寺にある土師(はじ)神社(道明寺天満宮)の森。
※浄瑠璃・吉野都女楠(1710頃か)かちぢの御幸「藤井寺を弓手になし〈略〉示現(じげん)は今もあら人神、天神の森にぞ着にける」
[二] 大阪府高槻市にある野見神社(野見天神)の森。
※浮世草子・武道伝来記(1687)七「天神の森(モリ)にて名のりかけ大七を見事に討てかへりける」
[三] 大阪市北区天神橋の天満天神あたりの森。
太平記(14C後)三六「渡辺の橋を打渡り、天神の森に陣を取る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天神の森の関連情報