コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天童高原県立自然公園 てんどうこうげんけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天童高原県立自然公園
てんどうこうげんけんりつしぜんこうえん

山形県東部,天童市の東方にある奥羽山脈西斜面の広大な高原地帯の自然公園。面積 18.83km2。 1967年指定。面白山 (1264m) の裾野に広がる放牧地,流紋岩の凹地ジャガラモガラ,花崗岩の露出地にかかる高滝などの自然景観が眺められる。秋から春にかけて多数のカモ類が飛来する原崎沼,重要文化財の若松寺観音堂があり,面白山中腹には天童高原スキー場もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

天童高原県立自然公園の関連キーワード流紋岩花崗岩裾野高滝

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android