天道神(読み)てんどうじん

精選版 日本国語大辞典「天道神」の解説

てんどう‐じん テンダウ‥【天道神】

〘名〙 陰陽家でいう方角神の一つ。一説に牛頭(ごず)天王のことという。正月は南、二月は西南というように、月ごとに位置をかえ、その月その方角に向かって事を起こせば大であるとする。〔簠簋内伝(14C後頃か)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「天道神」の解説

てんどう‐じん〔テンダウ‐〕【天道神】

陰陽道おんようどうでいう方角神の一。月ごとに位置を変え、その方角に向かって事を行えば吉であるという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android