天道神(読み)テンドウジン

  • てんどうじん テンダウ‥
  • てんどうじん〔テンダウ〕

デジタル大辞泉の解説

陰陽道(おんようどう)でいう方角神の一。月ごとに位置を変え、その方角に向かって事を行えばであるという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 陰陽家でいう方角神の一つ。一説に牛頭(ごず)天王のことという。正月は南、二月は西南というように、月ごとに位置をかえ、その月その方角に向かって事を起こせば大吉であるとする。〔簠簋内伝(14C後頃か)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android