天王(読み)てんのう

  • てんおう
  • てんのう ‥ワウ
  • てんのう〔ワウ〕
  • 天王 tiān wáng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋田県中西部,潟上市西部の旧町域。男鹿半島の基部にあり,日本海に面する。秋田市の北西に接する。 1951年町制。 2005年昭和町,飯田川町と合体して潟上市となった。八郎潟調整池と日本海を分ける砂州からなり,付近一帯は砂丘地帯。日本海岸の天王砂丘大部分が耕地化され,果樹,野菜などの栽培が行なわれる。 1962年秋田湾新産業都市に指定され,国道沿いには中小工場が立地,住宅も増加し,秋田市の郊外住宅地となっている。東湖八坂神社のトウニン (統人) 行事は国の重要無形民俗文化財。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

中国の君主称号の一つ。《春秋》には周王を天王と記すが,これは当時諸侯のなかに王を僭称する者が現れたので,それと区別したものだという。下って五胡十六国や北周の天子で皇帝を称せず,天王を称する例が見られる。後趙の石勒(せきろく),石虎,前苻堅(ふけん),後秦の姚興(ようこう),後涼の呂光,北燕の馮跋(ふうばつ),夏の赫連勃勃(かくれんぼつぼつ)および北周の宇文覚,宇文毓(うぶんいく)などがそれである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋田県西部、南秋田郡にあった旧町名(天王町(まち))。現在は潟上(かたがみ)市の西部を占める地域。旧天王町は、1951年(昭和26)町制施行。2005年(平成17)昭和、飯田川(いいたがわ)の2町と合併して市制施行、潟上市となった。JR男鹿(おが)線、国道101号が通じる。南、西は日本海、北、東は八郎潟(はちろうがた)調整池に面し、男鹿半島と本土を結ぶ陸繋(りくけい)的な天王砂丘を占める。砂丘列間の低湿地や八郎潟の地先干拓地に水田があり、砂丘上ではナシ、ブドウ、野菜が栽培される。八郎潟調整池でのノリ養殖なども行われる。南部は秋田市に接し、日本海沿岸は秋田湾地区新産業都市の一部になっている。東湖八坂神社のトウニン行事(統人行事)は国指定重要無形民俗文化財。

[宮崎禮次郎]

『『天王町誌』(1974・天王町)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(「てんおう」の連声)
[1] 〘名〙 中国で、天子の称。〔広益熟字典(1874)〕 〔礼記‐曲礼〕
[2]
[一] 仏語。欲界六天のうち、最下天の四天王の称。
※今昔(1120頃か)六「然ば謹々(つつしみつつしみ)敬て天王の形を写して王に奉る」
[二] 牛頭(ごず)天王の称。京都祇園社(八坂神社)や尾張津島大社などの祭神。
※とはずがたり(14C前)三「文永の頃、天王の御歌とて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の天王の言及

【太平天国】より

…50年初めころ首脳部は清朝を妖魔の最たるものとして打倒し,地上に上帝の意志を体した天国を樹立する意図を固め,春から秋にかけて各地の男女老幼の信徒約1~2万を桂平県金田村に結集し,同年末には清軍との公然たる戦闘が始まった。翌年初め,軍を男軍,女軍に分け,モーセの十戒から取った禁欲的戒律に基づく厳しい軍規を定め,洪秀全は天王と称した。9月,広西省永安(現,蒙山県)で国号を太平天国とし,東・西・南・北・翼の5王以下の官制を定め,東王楊秀清を最高司令官とした。…

※「天王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android