天野敬太郎(読み)あまのけいたろう(英語表記)Amano Keitaro

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

1901(明治34)-1992(平成4).京都府京都市出身.京都帝国大学図書館司書,関西大学図書館図書課長,東洋大学社会学部教授などを歴任.人文社会科学系の書誌編纂事業の確立に力があった.小学校卒業後,京都大学図書館に入り,27歳で『法政経済社会論文総覧』(1927)を刊行して以来,『本邦書誌ノ書誌』(1933),『日本書誌の書誌』(1973-1984),『日本マックス・ヴェーバー書誌』(1968, 1972)などを代表作として,多数の書誌・索引を発表した.特に,経済史や社会思想史の研究水準を反映したアダムスミスマルサス,マックス・ウェーバーなどの人物書誌は研究者の高い評価を受けた.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android