コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天馬図障泥 てんまずしょうでいCh'ǒnma-do changni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天馬図障泥
てんまずしょうでい
Ch'ǒnma-do changni

韓国慶州市味鄒王陵地区皇南洞の 155号墳 (天馬塚) から 1973年に出土した2枚のしらかば樹皮製の泥障 (あおり) 。しらかばの樹皮を重ね合せ,縫い目が斜格子状になるように縫製したもの。幅 75cm,縦 53cm。表面外周に朱,黒,白,緑色で彩色した忍冬 (にんどう) 唐草文をめぐらし,内側に白馬や花文などを描く。白馬がたてがみと尾をなびかせて天空を駆ける姿は躍動的で,6世紀前半の高句麗壁画古墳の四神図と描法がよく似ており,古新羅のほとんど唯一の絵画資料。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

天馬図障泥の関連キーワードピネン大峰ユリホアニケツスピウス1世回復登記イオン結晶静岡(県)修学旅行専用電車自己株式電話

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android