コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天馬塚 てんまづか

大辞林 第三版の解説

てんまづか【天馬塚】

韓国、慶州にある新羅しらぎの古墳。東西径60メートルの円墳で、五世紀末、六世紀初め頃の王陵とみられる。天馬てんばの描かれた障泥あおりが出土したことから命名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんまづか【天馬塚 Ch‘ŏnma‐ch‘ong】

韓国,慶尚北道慶州市皇南洞にある古新羅の積石木槨墳。1973年に文化財管理局によって発掘された。東西60m,南北51.5m,高さ12.7mの円墳。東西6.6m,南北4.2mの範囲に人頭大の川石と砂利を敷きつめ,四壁・天井を角材で築いた木槨部を積石でおおい,盛土したもので,槨内には四周に石壇をめぐらせた木棺と,その短壁の外側に副葬品収蔵櫃が配されている。被葬者は王とみられ,金銅製飾履をのぞき,冠,耳飾,釧(くしろ),銙帯(かたい)などの装身具に黄金が用いられていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天馬塚
てんまづか

韓国(大韓民国)、慶州市にある三国時代新羅(しらぎ)の積石木槨墳(つみいしもっかくふん)。底径約56メートル、高さ12.7メートルの円墳で、出土したシラカバ樹皮製障泥(あおり)に描かれた天馬図から名称がつけられた。棺内から金製冠、耳飾り、釧(くしろ)、指輪、(かたい)、腰佩(ようはい)や金銅装環頭大刀(かんとうたち)、金銅飾履(しょくり)などが着装された状態で出土し、槨内から装身具、武器、馬具、各種容器類が多数出土した。王陵級の古墳で、ほぼ6世紀前葉ごろを中心とした年代と考えられる。[定森秀夫]
『韓国文化公報部文化財管理局編『天馬塚』(1975・学生社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

天馬塚の関連キーワード韓国国立慶州博物館慶州歴史地域天馬図障泥木槨積石塚障泥∥泥障慶州古墳群朝鮮美術古墳王陵

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android