太右衛門(読み)タエモン

デジタル大辞泉の解説

たえもん〔タヱモン〕【太衛門】

美しい女。美人。
「喜多八、見さっし、美しい―だ」〈滑・膝栗毛・初〉
[補説]寛政(1789~1801)のころ江戸で美しい牡丹(ぼたん)を栽培するので有名だった牡丹屋太右衛門から出た語。また、「たゑもんどんの乙姫様が…」の童謡から出たともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たえもん タヱモン【太右衛門】

[1] 〘名〙 (「いっちくたっちくたゑもんどんの乙姫様が、茶がまにおされてなく声きけば云々」の童謡に基づく。また、一説に(二)に基づくとも) 美しい女。美しい娘。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)初「きた八見さっし、美しい太へもんだ」
[2] 寛政年間(一七八九‐一八〇一)、江戸西ケ原(東京都北区西ケ原)の別荘に美しい牡丹の花を栽培して有名であった湯島の牡丹屋太右衛門の称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報