コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太巌祖仙 たいがん そせん

2件 の用語解説(太巌祖仙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太巌祖仙 たいがん-そせん

1731-1811 江戸時代中期-後期の尼僧。
享保(きょうほう)16年生まれ。曹洞(そうとう)宗。美濃(みの)(岐阜県)弁天庵の恵心(えしん),香積寺の鉄額陝牛(せんぎゅう)にまなび,また臨済宗(りんざいしゅう)白隠慧鶴にも参じた。鉄文道樹の法をついで弁天庵にもどり,おおくの尼を指導した。文化8年7月21日死去。81歳。美濃出身。俗姓は日比。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

太巌祖仙

没年:文化8.7.15(1811.9.2)
生年:享保16(1731)
江戸中期の曹洞宗の尼。美濃垂井(岐阜県不破郡)生まれ。俗姓は日比。幼いときから出家を志し,父母の反対にあうが,9歳のとき,美濃弁天庵の恵心のもとに学び,のち香積寺の鉄額陝牛に就いて得度する。諸国を行脚して修行に励み,のちに鉄文道樹に法を嗣ぐ。また,臨済宗の白隠慧鶴にも参じ,その行いは大いに称賛されている。弁天庵に戻り,座禅に励み,托鉢を行じ,清貧を守り,多くの尼を指導した一途な生涯であった。<参考文献>曹洞宗尼僧史編纂会編『曹洞宗尼僧史』,円通桃嶺『太巌祖仙尼公伝』

(熊本英人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太巌祖仙の関連キーワード明庵哲了釈鼇仙玉山全英智灯照玄凸巌養益仏乗慈僊越溪休覚垂井美濃了然

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone