コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日比 ニッピ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日比
ひび

岡山県南部、玉野市の一地区。旧日比町。児島(こじま)半島南岸にあり、近世には瀬戸内海航路の風待ち港、潮待ち港として繁栄した。1893年(明治26)設立の日比製煉(せいれん)所は現在三井金属鉱業に属する。港は現在宇野港の一部として製煉所専用埠頭(ふとう)と車両運搬船などが利用する公共埠頭に利用される。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の日比の言及

【児島半島】より

…《古事記》の国生み神話に〈吉備児島〉とあるように16~17世紀まで島であったが,高梁(たかはし)川,旭川などの堆積作用と,浅くなった海の干拓により本土と結びついた。半島になってからは瀬戸内海航路が南岸へ移り,下津井,日比(ひび)が港町として栄えた。大部分が山地で,東部にある主峰金甲山(403m),中部の常山(307m)などの古生層から成る中起伏の山地と,花コウ岩や流紋岩から成る標高200~270mの小起伏の山地,および標高150~190mの丘陵から成る。…

【玉野[市]】より

…岡山県南部,児島半島東半を占める市。1940年宇野町と日比町が合体,市制。人口7万1330(1995)。…

※「日比」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

日比の関連キーワードフィリピン残留日本人孤児マリル・ディアズ アバヤJ.(Jr.) ラウレル東京都千代田区日比谷公園少年釣り師・住谷陽平ペドロ・バプチスタ三井金属鉱業(株)日比谷野外音楽堂講和反対国民大会坪井 正五郎Dream5小手川 道郎福島 慎太郎中上川彦次郎与田 銀次郎岡山県玉野市並木 芳雄日比谷野音畑山亜梨紗玉野[市]

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日比の関連情報