コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太平策 たいへいさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太平策
たいへいさく

江戸時代中期の経世論書。1巻。荻生徂徠著。享保年間 (1716~36) 8代将軍徳川吉宗の諮問に対して著述したものという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいへいさく【太平策】

江戸中期の政治経済論。1巻。著者は荻生徂徠と伝えられるが,今日に至るも異論があり確定せず,成立年代も明らかでない。内容は聖人の道が治国安民の道たることを強調して,礼楽制度の確立を論じ,当時の困窮を救う方法として武士町人の土着帰郷を説くところは《政談》と類似している。これが《政談》の草案か,抄録かで見解が分かれている。ほかに2巻より成る異本もある。《日本思想大系》所収。【辻 達也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

太平策の関連キーワード王通

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android