コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田呑竜 おおたの どんりゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太田呑竜
おおたのどんりゅう
(1556―1623)

江戸初期の浄土宗の僧。幼名は童寿丸、号は源蓮社然誉大阿(げんれんしゃねんよだいあ)。武蔵(むさし)国埼玉郡(埼玉県)の生まれ。林西寺(りんさいじ)岌弁(きゅうべん)に就いて出家し、増上寺に学び、林西寺、大善寺に住持した。1590年(天正18)徳川家康が上野(こうずけ)国(群馬県)太田に大光院(だいこういん)を建立するや、開山第1世として招かれ、檀林(だんりん)教育、民衆教化に尽くした。一時、孝心のため国禁を犯した子供をかくまい、寺を追われたが、帰山を許され、紫衣(しえ)の綸旨(りんし)を賜った。生涯困窮者の子供の救済教育に尽くしたので、「子育て呑竜」とよばれ、民間の信奉を集めた。元和(げんな)9年8月9日示寂。[石川力山]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

太田呑竜の関連キーワード大光院存応呑竜

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android