コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呑竜 どんりゅう

5件 の用語解説(呑竜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呑竜
どんりゅう

日本陸軍の重爆撃機。制式名は陸軍一〇〇式重爆撃機。中島飛行機の製作になり,戦闘機の護衛を必要としない高速,強力武装の重爆撃機として 1943年に採用された。同年夏オーストラリアポートダーウィンの強襲爆撃で名をあげたが,稼働率は低かった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どんりゅう【呑竜】

[1556~1623]江戸初期の浄土宗の僧。武蔵の人。上野(こうずけ)太田の大光院を始め各地に寺を開き、また、堕胎の風潮を悲しんで赤子を養育したので、子育て呑竜とよばれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

呑竜 どんりゅう

1556-1623 織豊-江戸時代前期の僧。
弘治(こうじ)2年4月25日生まれ。浄土宗。武蔵(むさし)埼玉郡の人。同国林西寺の岌弁(きゅうべん)について出家し,江戸増上寺の存応(ぞんのう)にまなぶ。林西寺,大善寺の住職をつとめ,慶長18年上野(こうずけ)(群馬県)太田の大光院の開山(かいさん)となる。貧民の子を寺で養育し,「子育て呑竜」とよばれた。元和(げんな)9年8月9日死去。68歳。俗姓は井上。字(あざな)は故信。号は源蓮社然誉大阿。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

どんりゅう【呑竜】

1556‐1623(弘治2‐元和9)
江戸初期の浄土宗の僧。源蓮社然誉大阿と号する。岩槻城主太田賢正の家臣井上信貞の次男として武蔵国埼玉郡新方領一の割村(埼玉県春日部市)に生まれた。幼名を竜寿丸といい,1569年(永禄12)隣村の浄土宗林西寺8世岌弁(きゆうべん)について出家し,名を曇竜と称した。2年後増上寺学寮に入り存応(ぞんのう)に師事した。1584年(天正12)林西寺,1600年(慶長5)武州滝山(東京都八王子市)の大善寺住職を経て,13年徳川家康が,新田義重追善のために上野国太田の地(群馬県太田市)に創建した大光院に,師存応の推挙によって開山として入寺し,悪竜をのむ夢をみて名を呑竜と改めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呑竜
どんりゅう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呑竜の関連キーワード霊巌上人真阿上人定月西山鑑智国師法界庵夢遊万霊光誉良忠蓮社澄円鸞宿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone