太田徳三郎(読み)おおた とくさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田徳三郎 おおた-とくさぶろう

1849-1904 明治時代の軍人。
嘉永(かえい)2年7月生まれ。もと安芸(あき)広島藩士。明治元年藩命によってフランスに留学。日清戦争では陸軍砲兵大佐として兵器,弾薬の製造,修理にあたった。23年大阪砲兵工廠提理となり,35年陸軍中将にすすんだ。明治37年9月7日死去。56歳。本姓は田中。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android