コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田洋愛 おおた ようあい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田洋愛 おおた-ようあい

1910-1988 昭和時代の植物画家。
明治43年9月30日生まれ。19歳で中国東北部にわたり,植物学者大賀一郎の指導で植物画の技法をまなぶ。日本各地を旅して桜の研究をつづけ,岐阜県新種の「太田桜」を発見した。ボタニカルアート協会創立委員。昭和63年5月5日死去。77歳。愛知県出身。本名は保。著作に「日本桜集」「花の肖像」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

太田洋愛の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android