コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太神宮参詣記 だいじんぐうさんけいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太神宮参詣記
だいじんぐうさんけいき

室町時代の医家坂十仏の著 (一説に十仏の子,士仏の著とも) 。『伊勢太神宮参詣記』ともいう。1巻。興国3=康永1 (1342) 年 10月伊勢安濃津に筆を起し,内外の両宮,諸別宮,摂社などに詣で,二見浦から再び山田に戻り,宿所三宝院で連歌会を催すところまでを記したもの。書中諸所の和歌が詠みこまれ,また神宮について種々詳記されている。外宮祠官で伊勢神道の大成者度会 (わたらい) 家行と対面したときの印象など,当時の祠官の面影がまのあたりに記されており,伊勢神道の教説をも祖述している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

太神宮参詣記の関連キーワード室町時代度会延佳

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android