コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二見浦 ふたみがうら

7件 の用語解説(二見浦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二見浦
ふたみがうら

三重県東部,志摩半島の北岸,伊勢湾に臨む海岸。「ふたみうら」ともいう。伊勢市北東部,二見の立石崎から北西へ約 4kmにわたる。遠浅の白砂青松の海岸で,古くから伊勢神宮参拝の前の沐浴斎戒の地であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふたみ‐が‐うら【二見浦】

三重県中東部、伊勢市の海岸。伊勢湾に面する。東端に興玉(おきたま)神社があり、神石の夫婦岩(めおといわ)がある。ふたみのうら。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

二見浦【ふたみがうら】

三重県伊勢市の海岸。長さ約6kmの砂浜で,中央やや東寄りの海中に興玉(おきたま)神社の御神石夫婦(めおと)岩がある。歌枕として知られ,定家や西行の歌に〈ふたみの浦〉と詠まれている。
→関連項目伊勢[市]二見[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふたみがうら【二見浦】

三重県度会(わたらい)郡二見町の海岸。〈ふたみのうら〉ともいい,二見潟,二見沖ともよばれた。伊勢湾に注ぐ五十鈴(いすず)川河口,今一色から東方の茶屋地区の立石崎まで約5kmの砂浜海岸で,狭義には茶屋の海岸を指すこともある。伊勢神宮奉仕の者や参宮者が身をきよめる禊(みそぎ)場で,また古来歌枕としても知られた。立石崎の沖には,しめ縄を張り渡した〈夫婦(めおと)岩〉とよばれる大小二つの岩がある。夫婦岩は,さらに沖合にあって猿田彦命の霊跡という興玉(おきたま)神石の岩門にあたるとされ,年に3度のしめ縄の張替えは,二見興玉神社の神事として行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふたみがうら【二見浦】

三重県伊勢市二見にある海岸。東端に興玉おきたま神社の神石である夫婦岩がある。ふたみのうら。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕二見浦(ふたみうら)


三重県東部、伊勢(いせ)湾に臨む伊勢市二見町の海岸。五十鈴(いすず)川河口から立石(たていし)崎までの約4kmをいう。古くから伊勢神宮参拝者の禊(みそぎ)場として知られる。東端の立石崎に二見興玉(おきたま)神社、その沖の海中に夫婦(めおと)岩がある。伊勢志摩(しま)国立公園に属し、夏は海水浴客でにぎわう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二見浦
ふたみがうら

三重県中東部、伊勢(いせ)市二見町の伊勢湾岸にある海岸。五十鈴(いすず)川の河口今一色(いまいっしき)から東へ約4キロメートルの白砂青松の海岸で、東端に二見興玉(ふたみおきたま)神社があり、その前面に有名な夫婦岩(めおといわ)がある。古くから沐浴(もくよく)斎戒の地で、いまも伊勢神宮参拝者などが禊(みそぎ)を行う。明治末年に海水浴場が開設されてから旅館が建ち並び、観光地化した。夫婦岩を結ぶ大注連縄張(おおしめなわはり)神事が5月5日、9月5日、12月中旬の土・日曜日に行われる。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の二見浦の言及

【二見浦】より

…三重県度会(わたらい)郡二見町の海岸。〈ふたみのうら〉ともいい,二見潟,二見沖ともよばれた。伊勢湾に注ぐ五十鈴(いすず)川河口,今一色から東方の茶屋地区の立石崎まで約5kmの砂浜海岸で,狭義には茶屋の海岸を指すこともある。伊勢神宮奉仕の者や参宮者が身をきよめる禊(みそぎ)場で,また古来歌枕としても知られた。立石崎の沖には,しめ縄を張り渡した〈夫婦(めおと)岩〉とよばれる大小二つの岩がある。夫婦岩は,さらに沖合にあって猿田彦命の霊跡という興玉(おきたま)神石の岩門にあたるとされ,年に3度のしめ縄の張替えは,二見興玉神社の神事として行われる。…

※「二見浦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

二見浦の関連キーワード二見御厨三重県度会郡度会町田口三重県度会郡度会町棚橋三重県度会郡度会町平生二見〈町〉三重県伊勢市二見町江三重県度会郡度会町柳三重県度会郡度会町脇出三重県度会郡三重県度会郡度会町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二見浦の関連情報