伊勢太神宮参詣記(読み)いせだいじんぐうさんけいき

世界大百科事典 第2版の解説

いせだいじんぐうさんけいき【伊勢太神宮参詣記】

1342年(興国3∥康永1)坂十仏(さかじゆうぶつ)が伊勢神宮に詣でた際の参詣記。《太神宮参詣記》ともいう。作者は十仏の子士仏とされることもあるが誤り。坂氏は南北朝~江戸時代にかけて天皇・将軍に近侍した医官。安濃津を出発し,山田で両宮法楽の連歌を催すところで終わる。本文中,伊勢神道の大成者である外宮祠官度会家行との問答を記し,紀行文としてのみならず,伊勢神道の思想書としても重要。《群書類従》所収。【西山 克】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android