コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢太神宮参詣記 いせだいじんぐうさんけいき

1件 の用語解説(伊勢太神宮参詣記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いせだいじんぐうさんけいき【伊勢太神宮参詣記】

1342年(興国3∥康永1)坂十仏(さかじゆうぶつ)が伊勢神宮に詣でた際の参詣記。《太神宮参詣記》ともいう。作者は十仏の子士仏とされることもあるが誤り。坂氏は南北朝~江戸時代にかけて天皇・将軍に近侍した医官。安濃津を出発し,山田で両宮法楽の連歌を催すところで終わる。本文中,伊勢神道の大成者である外宮祠官度会家行との問答を記し,紀行文としてのみならず,伊勢神道の思想書としても重要。《群書類従》所収。【西山 克】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊勢太神宮参詣記の関連キーワード康永興国花山院家定香坂高宗久我具通坂十仏十仏象先文岑長懐隆源(2)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone