コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陰表 タイインヒョウ

3件 の用語解説(太陰表の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいいん‐ひょう〔‐ヘウ〕【太陰表】

天文表の一。月の黄経・黄緯・視差などの算出表を収めたもの。天体観測や航海などで用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

太陰表【たいいんひょう】

天球上の月の将来位置を推算した表。米国のE.W.ブラウン〔1866-1938〕が1919年に公刊した表を1923年ごろから各国で航海,天文観測に使用。以後多少の補正が加えられたが,現在ではブラウンの理論式を直接コンピューターで解いて月の位置を求める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

たいいんひょう【太陰表】

月の運動についての一定の理論に基づき、月の位置を計算するために必要な数値を記載した数表。天体観測などで利用。月行表。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone