コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陰表 タイインヒョウ

3件 の用語解説(太陰表の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいいん‐ひょう〔‐ヘウ〕【太陰表】

天文表の一。月の黄経・黄緯・視差などの算出表を収めたもの。天体観測や航海などで用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

太陰表【たいいんひょう】

天球上の月の将来位置を推算した表。米国のE.W.ブラウン〔1866-1938〕が1919年に公刊した表を1923年ごろから各国で航海,天文観測に使用。以後多少の補正が加えられたが,現在ではブラウンの理論式を直接コンピューターで解いて月の位置を求める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

たいいんひょう【太陰表】

月の運動についての一定の理論に基づき、月の位置を計算するために必要な数値を記載した数表。天体観測などで利用。月行表。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太陰表の関連キーワード西暦平均太陽視位置推測航法星表大の月月の名残天球座標ターナーの推定法日周潮

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone