コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視差 しさ parallax

翻訳|parallax

6件 の用語解説(視差の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

視差
しさ
parallax

1つの天体を異なる2つの場所から見たときの方向の差をいう。相手の天体が恒星の場合は,地球と太陽から見た恒星の方向の差を用いる。これを年周視差といい,その角度 (秒) の逆数が恒星の距離を表わすのに用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

し‐さ【視差】

目と対象物との相対的位置の移動または差違による、網膜上の結像の位置の変化。対象物に対して、両眼の視線の挟む角度で表される、両眼視差によって対象物の遠近を知覚する。
天文学で、天体の一点を2か所から見たときの方向の差。地球の中心と観測者の位置とを結ぶ線、すなわち半径を基線とする日周視差は太陽系内の天体の距離の測定に、また、地球の公転軌道半径を基線とする年周視差は恒星の距離測定に利用。
写真測量で、ある地点を隣り合う2枚の写真で写したときの方向の違い。その地点までの距離を算出できる。
写真で、ファインダーの視野と実際に写る範囲との違い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

視差【しさ】

同一対象を二つの観測位置から見たときの方向の差。角度で表す。対象までの距離と2観測位置の距離(基線)と視差の間には,三角法で計算できる一定の関係が成り立ち,三角測量・測距儀・距離計等に応用される。
→関連項目距離計ステレオグラム分光視差

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しさ【視差 parallax】

同一点を異なった2点から眺めたときに見える方向の違い,すなわち,二つの方向の間の角度を視差という。恒星の場合,地球の公転軌道上の位置の違いで視差があらわれるので,年周視差という。また,地球軌道の半長軸を基線尺にして三角測量の方法で恒星までの距離が決定できるのでこれを三角視差ともいう。年周視差による星の動きは,黄経方向にのびた微小楕円で,その星の黄緯をb,視差をpとすると視差楕円の半長軸はp,半短軸はpsinbとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しさ【視差】

観測位置の相違により生じる物の視覚像や方向の差異。
〘天〙
天体を太陽中心から見た方向と地球中心から見た方向との差(年周視差)。
天体を地球中心から見た方向と観測者から見た方向との差(日周視差)。
カメラのファインダーの像とフィルム上に得られる像との差異。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

視差
しさ

ある天体を2地点から見たときの方向の差。2点A、Bから1点Pを見るときに∠APBを視差という(図A)。視差は、距離APやBPを直接測定できないとき、これらを求めるのに重要な量(数値・計測値で、角の大きさは角度で表す)である。天体の距離を求めるのに、レーダーやレーザーなどで直接に測定できる場合は別にして、視差を測るのがもっとも基本的な方法である。視差は観測点A、Bのとり方などにより、いろいろ考えられる。[大脇直明]

地心視差

図Bにおいて、A、Bを地球上の2点とすると、視差は∠APBとなる。このときBのかわりに地球中心Cから見たような視差を計算しておくと便利であり、こうして求めた視差∠APCを地心視差という。また、より便利なものとして、地表で天体を地平線に見たときの地心視差(地平視差)、さらに赤道上の観測者が見た地平視差(赤道地平視差)が用いられる。地心視差は太陽系天体の距離測定に用いられる。すなわち、図Cにおいて、地心Cと天体Pとの距離をr、観測点Aと地心Cとの距離をaとすると、

となる。[大脇直明]

年周視差・三角視差

図Dにおいて、太陽Cから見た恒星Sの方向はCS、すなわち天球上の星の位置はC'であるが、公転軌道上の地球Aから見るとSは天球上のA'に位置して見える。このC'とA'のずれ、すなわち∠ASCが視差で、地球の公転運動に伴い1年周期で変化するので年周視差とよばれる。軌道面上でCSに垂直な位置P、Qでは年周視差が極大となる。この極大値を三角視差pという(しばしばこれを年周視差ということがある)。いま、地球・太陽間の平均距離をa、恒星までの距離をrとすると、

という関係から、pを測ればrが求められる。これが恒星までの距離を求めるもっとも基本的な方法である。しかし現実には恒星はきわめて遠方にあり、三角視差は非常に小さい。したがって、この方法は、近い恒星(三角視差が数十分の1秒角以上)にしか適用できない。なお、1秒は円周(360度)の129万6000分の1の角度で、三角視差が1秒角の距離を1パーセクといい、これは約20万天文単位、約31兆キロメートル、3.26光年に相当する。[大脇直明]

永年視差

太陽は恒星の間をヘルクレス座の方向に秒速約19.5キロメートルの速度で運動している。したがって、太陽をC、恒星をSとすると(図E)、ある時点には星がCSの方向に見えるが、何年かたつとC'Sの方向に見える。このときの∠C'SCを永年視差という。実際はSも動いているので、これからただちにSの距離は求められないが、多数の星それぞれの特有の運動が平均的にみてゼロと仮定すると、統計的に方向のずれの大小で星の距離を推定することができる。[大脇直明]

星流視差

星団などのなかには、太陽に対して同じ方向に運動していることが知られているものがある(例、ヒヤデス星団)。これらの星団に属する星Sは太陽Cに対して平行運動をしているので、天球上の1点Kに収束して動いているように見える(図F)。このとき∠SCK、Sの方向の年間変化(すなわちSの固有運動)およびSの太陽に対する視線速度を観測すると、Sまでの距離がわかる。このような距離の求め方を星流視差の方法という。
 なお、以上は幾何学的ないし運動学的方法によって視差(すなわち距離)を求めるもので、視差という本来のことばが用いられているのであるが、ほかの方法、たとえば恒星の明るさからも距離を推定することができる。このような方法で得られた距離に対しても視差ということばを用い、たとえば測光学的視差という場合もある。[大脇直明]
『ロジャー・B・カルバー著、長谷川俊雄訳『実験天文学ワークブック』(1988・恒星社厚生閣) ▽斉田博著『天文の計算教室』新装版(1998・地人書館) ▽長沢工著『日の出・日の入りの計算――天体の出没時刻の求め方』(1999・地人書館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の視差の言及

【恒星】より

…このことは恒星が扁平な銀河円盤をなして空間分布している事実の現れである。
[年周視差と固有運動]
 星の位置の測定は明るさと色の測光,スペクトル分光とともにもっとも基本的な天文測定である。無限遠にあると考えてもよいほど遠い恒星を基準とすれば,観測される恒星位置の変動は年周視差と固有運動によるものとである。…

※「視差」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

視差の関連キーワード観じる儀式咨嗟チェリー観音寺町観音町観(寺)観(見張台)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

視差の関連情報