コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陰運動論 たいいんうんどうろんlunar theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太陰運動論
たいいんうんどうろん
lunar theory

月の運動に関する理論で,摂動理論の一分野。月は地球の周囲を 27日7時間 43分 11秒で1公転し,その軌道は近似的にはケプラーの法則に従うが,太陽および諸惑星の引力によって,他の惑星の場合よりはるかに大きな摂動を受け,そのため天体力学上でも特に精密な理論展開を要する。また,地球の自転が一様でないための摂動もあり,これによって,月の運行を精密に観測することから逆に地球の形状や運動の不整が検出できる。また種々の摂動のほか,地球の自転による長年加速の現象もあり,これらを総合して 1919年 E.ブラウンによって正確な月の位置表が作成されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

太陰運動論の関連キーワードオイラー(Leonhard Euler)ケプラー年差

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android