コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長年加速 ちょうねんかそくsecular acceleration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長年加速
ちょうねんかそく
secular acceleration

永年加速ともいう。 1693年,E.ハレーは古代の日食月食の記録を調査して,月の公転運動が加速されることを発見した。これが長年加速で,100年につき約 10秒と求められている。これは理論では説明できない量で,長い間,天体力学の大きな問題となっていた。 1920年代になって,W.ド・ジッターや S.ジョーンズは太陽や水星,金星の運動を調べ,これらの公転運動にも月と同様の長年加速が存在することを見出した。その結果,これは潮汐摩擦の影響で地球の自転が遅れ,1日の長さが 100年につき約 0.001秒の割合で長くなっているためであることが明らかになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長年加速
ちょうねんかそく

天体の黄経が時間の二乗に比例して増加する現象。永年加速ともいう。長年加速は17世紀末に月の運動で初めてみいだされた。この長年加速は、自転速度が徐々に遅くなりつつある地球の自転を基にした時計(世界時)を用いていたことによる見かけ上のものであり、実際は長年減速であることがわかった。地球の自転速度が遅くなるのは、月の引力による潮汐(ちょうせき)摩擦によるものである。地球の自転角運動量が減少した分だけ月の公転の角運動量が増加、すなわち月は地球から徐々に遠ざかりつつある。その遠ざかり方は、観測より求められた長年減速から計算すると、1年につき約4センチメートルである。遠い将来には、自然の大スペクタルである皆既日食は見られなくなるであろう。長年減速は、火星や土星の衛星にも発見されている。その原因は潮汐摩擦によることはわかっているが、細かいメカニズムはいまだに解明されていない。[木下 宙]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の長年加速の言及

【永年加速】より

…長年加速ともいう。天体の運動の変動には,不規則的な変動と,時とともに加速されていく動きの二つがあり,この後者を永年加速という。…

※「長年加速」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長年加速の関連キーワードアダムズ(John Couch Adams)ジョン・ナイト フォザリンガム天文学史(年表)太陰運動論時(とき)

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android