コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

失念株式 しつねんかぶしき

1件 の用語解説(失念株式の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

失念株式

株式購入後、名義書き換えをせずに、株主の権利を失うこと。株式を購入した投資家が存在するものの、株主になるための手続きをしていないがために、たとえば、株主に株式分割などの権利が発生した場合、すでに株式を売却(譲渡)済みの株主名簿上の旧株主に分割された株式が割り当てられてしまう。この場合の名義書き換えを失念した株式のことを「失念株式」と呼ぶ。「保管振替制度」を利用すれば、名義書き換えをしなくても株主になれ、配当や分割、株主総会への出席など、株主の権利を失うことはない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

失念株式の関連キーワード株主名簿失権名義書換名義書換代理人失念株証券代行記名株券主要株主名義株保管振替制度

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone