コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奇文禅才 きもん ぜんざい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奇文禅才 きもん-ぜんざい

1493-1571 戦国-織豊時代の僧。
明応2年生まれ。相模(さがみ)(神奈川県)の人。鎌倉の臨済宗(りんざいしゅう)円覚寺の叔悦禅懌(しゅくえつ-ぜんえき)の法をつぎ,天文(てんぶん)22年同寺の住持となる。永禄(えいろく)6年に炎上した同寺伽藍(がらん)の再建につとめた。元亀(げんき)2年12月14日死去。79歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奇文禅才の関連キーワードコロンブス安土桃山時代(年表)上原元秀畠山政長葉室光忠慶寿院足利季世記ヌーネス=バレトナバレテ氏家卜全