コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利季世記 あしかがきせいき

1件 の用語解説(足利季世記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あしかがきせいき【足利季世記】

1487‐1571年(長享1‐元亀2)の畿内の合戦記。作者,成立年代ともに不明。足利義尚畠山政長の死に筆を起こし,1493年(明応2)細川政元が将軍を廃立した事件や,政元の死後細川氏が分裂・衰退してゆく過程,これに代わり三好氏や松永氏が実権を掌握し京都を支配,1568年(永禄11)織田信長足利義昭を奉じて入京する経緯を,所々に文書を織り込んで説明している。《改定史籍集覧》所収。【鳥居 和之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

足利季世記の関連キーワード長享大航海時代興国寺城氏家卜全和田惟政霞ケ浦導水事業興正寺豪徳寺ゴメラ島星室庁

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone