コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利季世記 あしかがきせいき

世界大百科事典 第2版の解説

あしかがきせいき【足利季世記】

1487‐1571年(長享1‐元亀2)の畿内の合戦記。作者,成立年代ともに不明。足利義尚や畠山政長の死に筆を起こし,1493年(明応2)細川政元が将軍を廃立した事件や,政元の死後細川氏が分裂・衰退してゆく過程,これに代わり三好氏や松永氏が実権を掌握し京都を支配,1568年(永禄11)織田信長が足利義昭を奉じて入京する経緯を,所々に文書を織り込んで説明している。《改定史籍集覧》所収。【鳥居 和之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

足利季世記の関連キーワード三国司家

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android