コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利季世記 あしかがきせいき

1件 の用語解説(足利季世記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あしかがきせいき【足利季世記】

1487‐1571年(長享1‐元亀2)の畿内の合戦記。作者,成立年代ともに不明。足利義尚畠山政長の死に筆を起こし,1493年(明応2)細川政元が将軍を廃立した事件や,政元の死後細川氏が分裂・衰退してゆく過程,これに代わり三好氏や松永氏が実権を掌握し京都を支配,1568年(永禄11)織田信長足利義昭を奉じて入京する経緯を,所々に文書を織り込んで説明している。《改定史籍集覧》所収。【鳥居 和之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

足利季世記の関連キーワード元亀長享家増上泉秀胤久我通言貞敦親王宗般等簡鳥居忠吉三淵光行

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone