コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円覚寺 えんがくじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円覚寺
えんがくじ

神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の本山。山号は瑞鹿山。建長寺に次いで鎌倉五山の第2位の禅刹弘安5 (1282) 年北条時宗創建。宋の禅僧無学祖元開山とし,鎌倉禅宗文化の中心的役割を果した。国宝指定の舎利殿は永禄6 (1563) 年焼失後,鎌倉尼五山の1つである太平寺仏殿を移したもので,宋の禅刹建築様式を伝える貴重な遺構。国宝の円覚寺梵鐘のほか『仏光国師像』など鎌倉時代の遺品が多い。境内・庭園は史跡・名勝に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

円覚寺【えんがくじ】

鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の本山。1282年北条時宗により無学祖元を開山として創建された。鎌倉五山第2位の名寺であったが,しばしば火災にあい,室町中期以後衰退した。
→関連項目江尻小山田荘鎌倉五山唐様義堂周信釈宗演浄智寺宗淵富田荘西田幾多郎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

円覚寺

神奈川県鎌倉市にある寺院。1282年創建。臨済宗円覚寺派本山。本尊釈迦如来。舎利殿は国宝に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんかくじ【円覚寺】

沖縄県那覇市にあった臨済宗妙心寺派の寺。山号は天徳山。1492年に尚真王が父尚円追福のため首里城北側に起工し,94年に完成。開山は南禅寺46世椿庭海寿の法孫,芥隠承琥。95年に仏殿の右側に照堂を建て正統の神主(位牌)を奉安したが,1728年には仏殿を宗廟とした。王家の香華所として琉球第一の禅刹を誇った。役知は1672年に60石と定まり,95年に40石加賜され寺院の最高となった。伽藍の修補などは1588年以降たびたびなされ,1721年に火災にあった際にも同年中に仏殿が再建された。

えんがくじ【円覚寺】

鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の大本山。山号は瑞鹿山。北条時宗が弘安の役直後の1281年(弘安4)に建て,翌年無学祖元を開山に迎えて開堂の法要を営んだ。中国の径山(きんざん)を模した左右対称の宋風の伽藍配置で,本尊は盧遮那仏。83年,時宗は幕府の祈願所とし,富田荘(愛知県)と亀山郷(千葉県)の土地を寄進している。時宗の死後,境内に廟所仏日庵が成立し,つぎの執権貞時の廟所無畏堂も仏日庵に設けられて,北条氏の私寺的性格を強めたが,一方,1308年(延慶1)定額寺となり官寺の列にも加えられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えんがくじ【円覚寺】

鎌倉市にある臨済宗円覚寺派の大本山。山号、瑞鹿山。鎌倉五山の第二位。1282年北条時宗が創建。開山は宋僧無学祖元。鎌倉時代の代表的な禅宗寺院で、特に禅宗様建築の舎利殿(国宝)は有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

円覚寺の関連キーワード沖縄県那覇市首里当蔵町富田荘(とだのしょう)神奈川県鎌倉市山ノ内神奈川県鎌倉市朝比奈 宗源沖縄県那覇市禅宗様建築朝比奈宗源大綱帰整誠拙周樗清蔭音竺東明慧日十三門派石室善玖雲山智越釈 宗演一華心林入母屋造雲屋慧輪今北洪川

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円覚寺の関連情報