コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良刀 ナラガタナ

デジタル大辞泉の解説

なら‐がたな【奈良刀】

室町時代以降、奈良地方に住む刀工が鍛えた刀。近世には大量生産されて粗悪になり、鈍刀の代名詞ともなった。奈良物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ならがたな【奈良刀】

室町時代以降、奈良近辺でつくられた刀。近世以後、量産品が増えて質が下がり、鈍刀の代名詞となった。奈良物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奈良刀の関連情報