奈良原喜左衛門(読み)ならはら きざえもん

  • 奈良原喜左衛門 (ならはらきざえもん)
  • 奈良原喜左衛門 ならはら-きざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1831-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)2年6月23日生まれ。奈良原繁薩摩(さつま)鹿児島藩士。薬丸自顕流剣法の達人尊攘(そんじょう)派として誠忠組にはいる。文久2年(1862)武蔵(むさし)生麦(なまむぎ)(神奈川県)で江戸から京都にむかう途中島津久光行列の前を横ぎったイギリス人リチャードソンらを殺傷した(生麦事件)。慶応元年5月18日死去。35歳。名は清。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:慶応1.5.18(1865.6.11)
生年:天保2.6.23(1831.7.31)
幕末の薩摩(鹿児島)藩士。父は助左衛門。繁の兄。安政5(1858)年,藩主島津斉彬の命を受け一橋慶喜擁立工作を進め失敗,帰藩。同6年11月,薩摩藩尊攘派ともいうべき誠(精)忠組に参加。文久2(1862)年島津久光の率兵上洛に随従,有馬新七の挙兵計画の中止を図る。さらに随従して江戸へ,その帰路,生麦(横浜市鶴見区)に英人リチャードソンを切りつける(生麦事件)。翌3年7月薩英戦争に参軍,海江田信義と共に英艦奪取を計り失敗。のち京坂の地に活動し,京都二本松の藩邸病没

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1831年6月23日
江戸時代末期の薩摩藩士
1865年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android