生麦事件(読み)なまむぎじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幕末の薩摩藩士によるイギリス人殺傷事件文久2 (1862) 年8月 21日島津久光行列は,神奈川生麦村付近で,騎馬のイギリス人リチャードソンら4名と行き会い,薩摩藩士は1名を斬殺,2名を負傷させた。当時は攘夷運動が最高潮に達していた事情もあり,イギリス側の要求に,幕府は応じたものの,薩摩藩は応じず,賠償問題難航薩英戦争の原因となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

1862年9月14日、薩摩藩の島津久光の一行江戸からの帰路東海道の生麦村(・横浜市鶴見区)で馬に乗った英国人4人と遭遇。英国人が馬を下りずに行列を乱したのを無礼とし、藩士がで切りつけて1人が死亡、2人がけがをした。薩摩藩は賠償請求と藩士の引き渡しを拒み、薩英戦争に発展。敗北して近代化の必要性を痛感した同藩は攘夷(じょうい)論から開国論に転じ、これを機に開国明治維新の流れができたと言われる。

(2014-05-03 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

1862年薩摩(さつま)鹿児島藩士たちが起こした英国人殺傷事件。東下して幕政改革を断行した島津久光一行が江戸から帰る途中,神奈川の生麦(現在の横浜市鶴見区)で久光の行列と遭遇した騎馬の英国人を無礼打ちにし1名を斬殺,2名を負傷させた。幕府は英国の要求に応じて賠償金を支払ったが,鹿児島藩は犯人逮捕に応じなかったので翌年英国は鹿児島を砲撃(薩英戦争)。→東禅寺事件
→関連項目イギリス公使館焼打事件ウィリス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1862年9月14日(文久2年8月21日),神奈川近郊の生麦村(現,横浜市鶴見区)で薩摩藩士たちが外国人を殺傷した事件。この日,外国人遊歩許可区域内にある川崎大師見物に出かけていた騎馬のイギリス人4人が,公武合体と攘夷を幕府にもとめる勅使大原重徳に随行し帰洛途中の島津久光の一行と生麦村で出くわした。〈下に下に〉の意味もわからずせまい道路で進退きわまっている彼らに,行列に無礼を働いたとして供頭奈良原喜左衛門が突然斬りつけ,つづいて多数で襲撃した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

1862年八月、生麦村で島津久光の行列を乱したイギリス人を薩摩藩士が殺傷した事件。イギリスは幕府・薩摩藩に犯人引き渡しと賠償金を要求し、幕府は償金を支払ったが薩摩藩は拒否し、薩英戦争の原因となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幕末、薩摩(さつま)藩士がイギリス人を殺傷した事件。1862年(文久2)8月21日、幕政改革を実現させた島津久光(ひさみつ)は、江戸をたち帰洛(きらく)の途にあった。東海道神奈川宿の東、武蔵(むさし)国生麦村(横浜市鶴見(つるみ)区)に差しかかったところ、行列の前に騎乗のままのリチャードソンらイギリス人4人が現れた。4人の行為を無礼とみた供の奈良原喜左衛門(ならはらきざえもん)ら数名が斬(き)りかかり、リチャードソンは絶命、2人が重傷を負った。激高した横浜在留外国人は実力報復を主張したが、イギリス代理公使ニールは外交交渉による事件解決を図った。しかし、幕府を通じての犯人引き渡し要求に対して、薩摩藩は浪人岡野新助が犯人だが行方不明との届けで押し通した。そこで同公使は、翌年2月、幕府に対して正式謝罪状の提出と償金10万ポンドの支払い、薩摩藩に2万5000ポンドの支払いと犯人処罰を要求した。5月幕府はこれに応じたが、薩摩藩があくまで拒否したため、7月薩英戦争の開戦となった。[原口 泉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

文久二年(一八六二)八月、薩摩藩主の父である島津久光が江戸から帰国の途中、武蔵国橘樹(たちばな)郡生麦村(横浜市鶴見区生麦)にさしかかった際、騎馬のイギリス人四名が行列を乱したとして、同藩士に殺傷された事件。翌年の薩英戦争の原因となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

幕末,薩摩藩士によるイギリス人殺傷事件
1862年,島津久光が江戸から京都への帰途,横浜付近の生麦村で騎馬のイギリス人4名が行列を乱したとの理由で3名を殺傷した。イギリスは幕府と薩摩藩に犯人の処罰と賠償金の支払いを要求し,幕府はこれに応じたが,当時最高潮の攘夷運動を背景に薩摩藩はこれを拒否したため,翌年7月薩英戦争がおこった。同年11月和議が成立し,薩摩藩は賠償金を支払った。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生麦事件の関連情報