生麦(読み)なまむぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生麦
なまむぎ

神奈川県東部,横浜市鶴見区南西部の地区。鶴見川の河口右岸にある。江戸時代漁村で,東海道にのぞみ,幕末には生麦事件の場となった。第一京浜 (国道 15号線) 沿いに碑が立っている。工場,住宅の密集地で,地先埋立て地にはビール醸造,鉄鋼などの大工場が立地する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

なまむぎ【生麦】

煮たり煎ったりしてない、なまのままの麦。

なまむぎ【生麦】

横浜市鶴見区南西端の地名。江戸時代は東海道神奈川宿の漁村。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なま‐むぎ【生麦】

[1] 〘名〙 なまのままの麦。煮たりったりしていない麦の実。〔本朝食鑑(1697)〕
[2] 神奈川県横浜市鶴見区南西端の地名。江戸時代は東海道川崎宿と神奈川宿との間宿(あいのしゅく)、立場(たてば)で、東京湾に面する漁村であった。明治末期から海岸は埋め立てられて京浜工業地帯の一部となった。生麦事件の起こった地。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

生麦の関連情報