コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良大仏 ならだいぶつ

百科事典マイペディアの解説

奈良大仏【ならだいぶつ】

東大寺の本尊盧遮那(るしゃな)仏座像のこと。銅造で,像高14.9m。聖武天皇の発願で,国中公麻呂,鋳師の高市連大国らを中心に国家的事業として製作され,752年に開眼供養。
→関連項目鎌倉大仏大仏毘盧遮那仏

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の奈良大仏の言及

【大仏】より

… 大仏とは像高が丈六以上ある仏,菩薩像の総称であるが,これには石造,塑造,銅造,木造などがあり,像容には立像,座像,倚像,臥像の種類がある。日本に現存する銅造大仏としては,東大寺金堂(大仏殿)安置の銅造毘盧舎那仏座像(奈良大仏)が最も名高い。聖武天皇は743年(天平15)にその造立を発願し,752年(天平勝宝4)に開眼をみた(大仏開眼)。…

※「奈良大仏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奈良大仏の関連キーワード八木新宮特急バス甲西(滋賀県)祐天上人石山寺鋳物重源

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奈良大仏の関連情報