コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開眼供養 かいげんくよう

7件 の用語解説(開眼供養の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開眼供養
かいげんくよう

新しく彫刻したりあるいは描かれた仏像を供養し,仏眼を開く儀式で,この儀式を行なったのち,霊力をもつ尊像として尊ばれる。天平勝宝4 (752) 年に行われた東大寺大仏開眼供養の儀式が日本で行われた最初のもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かいげん‐くよう〔‐クヤウ〕【開眼供養】

開眼1の際に行う供養。「大仏開眼供養

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

開眼供養【かいげんくよう】

新造の仏像仏画を賛嘆供養し,最後に眼を入れて霊を迎える儀式。752年の東大寺大仏開眼会には天皇・上皇・皇太后以下文武百官と一万余人の僧が参列,開眼導師のインド菩提僊那(ぼだいせんな)が眼を入れたが,その時の開眼筆と,筆に付けて参集者に握らせた全長200m余の開眼縷(る)が正倉院に残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

葬儀辞典の解説

開眼供養

新しい仏像などを使い始めるとき、眼を描き入れ仏に魂を迎え入れる儀式。

出典|葬儀ベストネット
葬儀辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいげんくよう【開眼供養】

新しく造った画像や彫像の如来・菩薩・天部・明王・祖師像などを賛嘆供養し,神威を迎えることをいう。略して開眼,または開明,開光明といい,遷仏ともいう。この開眼に事・理二相を説くのは《和語灯録》第5で,〈開眼と申すは,本体の仏師がまなこをいれ,ひらきまいらせ候を申候也。これを事の開眼と申候也。つぎに僧の仏の真言をもて,まなこをひらき,大日の真言もて,ほとけの一切の功徳を成就し候をば理の開眼と申候也〉という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

開眼供養
かいげんくよう

開眼とは、眼目を開くという意味から、仏教では「悟りを開くこと」をいい、さらには仏像や曼荼羅(まんだら)などが新しく作製されたり、修理されたとき、それに新たに入魂の儀式や作法を行うことをいう。仏にその魂を入れることから、開眼光、開光明、単に開光、開明ともいう。またこの儀式が盛大に行われた場合に開眼供養という。わが国で最初に盛大に行われたのは、752年(天平勝宝4)4月9日の東大寺の大仏開眼供養で、孝謙(こうけん)天皇、聖武太上(しょうむだいじょう)天皇、光明(こうみょう)皇太后がそろってそれに臨んでいる。[平岡定海]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の開眼供養の言及

【供養】より

…二種供養は諸仏を供養する出纏(しゆつてん)供養と衆生に対する在纏(ざいてん)供養となる。さらに対象ごとに,死者の冥福のためにする追善供養,餓鬼のためにする餓鬼供養,虫のためにする虫供養,新しく造立した仏像,仏画,位牌に対する開眼供養,寺院や仏壇に仏像を迎える入仏供養,経文を書写して供養する開題供養,経供養,そのほか堂供養,鐘供養,橋供養などがある。 民間の例としては,2月と12月の8日に針仕事を休み折れた針や錆びた針を豆腐にさし,あるいは蘇鉄の根元に埋めてその霊を供養する針供養をはじめ人形供養,茶筅(ちやせん)供養など供養の対象が無生物にまで及んでいる。…

※「開眼供養」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

開眼供養の関連情報