コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毘盧遮那仏 びるしゃなぶつVairocana

5件 の用語解説(毘盧遮那仏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

毘盧遮那仏
びるしゃなぶつ
Vairocana

「輝くものの子」を意味するサンスクリット語の音写。毘盧舎那仏とも音写し,略して盧舎那仏,遮那,または「びるさな仏」「るさな仏」ともいう。訳して光明遍照,遍一切処。仏陀の智慧の広大無辺なことを象徴し,『華厳経』の本尊。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

びるしゃな‐ぶつ【毘盧遮那仏】

《〈梵〉Vairocanaの音写。光明遍照と訳す》大乗仏教で、蓮華蔵(れんげぞう)世界に住し、その身は法界に遍満し、身光・智光の大光明で全宇宙を照らす仏。真言宗では大日如来天台宗では法身仏華厳宗では報身仏をさす。盧舎那仏。遮那仏。毘盧遮那

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

毘盧遮那仏【びるしゃなぶつ】

サンスクリットのバイローチャナVairocanaの音写。《華厳(けごん)経》の本尊で,太陽の意味があり,その光によって仏智の広大無辺を象徴する。蓮華蔵世界の教主で,千葉(せんよう)蓮華に座す。
→関連項目蓮華蔵世界

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毘盧遮那仏
びるしゃなぶつ

『華厳経(けごんきょう)』の教主。毘盧遮那(サンスクリット語のバイローチャナの音写。Vairocana)とは「輝くもの」の意味で、元は太陽の光照のことであったが、のちに仏教の根源的な仏とされた。盧遮那仏、遮那仏ともいい、遍一切処(へんいっさいしょ)、光明遍照(こうみょうへんじょう)などと漢訳する。この仏は無限の過去から無量無辺の修行を積んで悟りを得た仏(報身(ほうじん))で、釈迦(しゃか)の悟りの境地を仏格化したもの(法身(ほっしん))。その形像は千葉蓮華(せんようれんげ)に座し、右手は施無畏印(せむいいん)、左手を与願印(よがんいん)とする奈良の大仏にみられる。法相(ほっそう)宗では毘盧遮那、盧遮那、釈迦を自性、受用、変化の三身に配釈し、天台宗では法身、報身、応身の三身に配し、毘盧遮那と釈迦の同体を説く。密教では大日如来(だいにちにょらい)である。[吉田宏晢]
『玉城康四郎著『永遠の世界観・華厳経』(1965・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone