コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良義成妹 なら よしなりの いもうと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈良義成妹 なら-よしなりの-いもうと

?-1569 戦国-織豊時代の女性。
兄の義成は足利義昭の家臣。永禄(えいろく)のころ京都伏見にすむ。美貌(びぼう)で,兄の笛の師貞光久左衛門が求婚するが,兄の反対にあう。永禄12年本圀(ほんこく)寺の変に乗じて久左衛門は義成を殺し妹をうばうが,妹は母に1首をのこして久左衛門を刺殺,自害した。
【格言など】思ひ河深き淵瀬は早けれどさそふ水には名を流さめや(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

奈良義成妹の関連キーワード安土桃山時代(年表)アユタヤ朝トスカナ大公国コジモ1世上杉謙信武田信玄被災地のがれき千々石ミゲル伊東満所掛川城

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android