コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奉勅命令 ほうちょくめいれい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奉勅命令
ほうちょくめいれい

大日本帝国憲法下の天皇統帥大権に基づいて発せられた勅裁命令のこと。一種の軍令であるが,最高統帥者としての天皇の直接的意志 (勅) を,参謀総長 (陸軍) もしくは軍令部長 (海軍) が奉じ,その直属指揮官に伝える最重要命令であるという点に,特別の意味をこめて使われた。関東軍総司令官や連合艦隊司令長官への作戦命令二・二六事件の戒厳司令官に発せられた反乱軍討伐命令などがこれにあたる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

奉勅命令【ほうちょくめいれい】

陸海軍の最高統帥(とうすい)者としての天皇の命令。参謀総長もしくは軍令部総長が,〈奉勅伝宣〉する形式をとったのでこう呼ばれた。関東軍総司令官,南方軍総司令官,連合艦隊司令長官など直属指揮官に対する作戦命令がこれに当たる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうちょくめいれい【奉勅命令】

勅命を受けた命令。天皇が裁可した命令。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

奉勅命令の関連キーワード帷幄上奏勅命

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android