コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勅裁 チョクサイ

デジタル大辞泉の解説

ちょく‐さい【勅裁】

天子による裁決。勅断。
明治憲法下で、天皇が他の機関の参与を待たず、直接に裁決したこと。勅命の裁決。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょくさい【勅裁】

天子の裁決。親裁。
旧憲法下、天皇が他の機関の参与を待たず、自ら裁断すること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の勅裁の言及

【ローマ法】より

… 古典期の法形成は,また元首の発する勅法によっても行われた。すなわち,元首は政務官権限保持者として共和政におけると同じく一般的事項につき告示を発したほか,訓令(元首の官吏に対する内務的指示の形をとるが,一般的効力を持ち私人も引用しうる),勅答(官吏・私人より元首に提出された具体的法問題に対する解答で,当該事件のみならず将来にも拘束力を有する),勅裁(元首の面前での審理ののち発せられる裁判の判決)などにより皇帝による法形成が行われた。とくに,裁判における職権審理手続の導入と関連して,従来の市民法,名誉法とは異なる法的保護を開き(厳格な遺贈の形式をふむ必要のない信託遺贈はその代表例),法学や元老院議決によってさらにそれらが展開された。…

※「勅裁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

勅裁の関連キーワード高野山(寺院)南北朝正閏論西四辻公業東京大神宮勅選議員奉勅命令太政官奏津村別院日本陸軍帷幄上奏岩倉具視議請減贖謄勅符大逆罪奏任官征韓論壬生家沢宣嘉天裁北朝

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android