コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奉徳寺鐘 ほうとくじしょうPongdoksa‐jong

世界大百科事典 第2版の解説

ほうとくじしょう【奉徳寺鐘 Pongdoksa‐jong】

いわゆる朝鮮鐘のうちで,最も優美な巨鐘として知られる。鐘腹の側面に2ヵ所,漢文で陽鋳された銘文がある。全体に磨滅はひどいが,銘文によると,当時,聖徳大王神鐘と呼ばれて,新羅の王都,現在の韓国慶尚北道慶州市にあった奉徳寺にかかっていたものである。奉徳寺は,738年(開元26)に,孝成王によって,父聖徳王追福のため創建されたものである。ところが,孝成王は存位わずか5年で没したため,弟の景徳王がその位を継ぎ,そして12万斤の銅を用いて,一大梵鐘を鋳造しようとしたが,在世中に完成せず,景徳王の子恵恭王が,771年(大暦6)にようやく父王の意志を継いで完成したという経緯がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奉徳寺鐘の関連キーワード朝鮮美術

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android