コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝相華文 ほうそうげもん

4件 の用語解説(宝相華文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宝相華文
ほうそうげもん

仏教系の文様の一種。宝相とはバラ科に属する植物の中国名で,これを文様としたものとも,蓮華文の変化したもの,またはアオイ科ブッソウゲを文様化したものともいう。優美に文様化された植物の装飾文様で唐花,瑞花ともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宝相華文【ほうそうげもん】

中国の唐代,日本では奈良〜平安時代に盛行した文様。8弁の先のとがった花で,インドの花文が東漸につれて複雑華麗になったもの。敦煌莫高窟の天井画や新羅の方【せん】(ほうせん),正倉院宝物の染織品にみられる。
→関連項目パルメット

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほうそうげもん【宝相華文】

中国,唐代の唐草文様のうち,あたかも花を思わせるような豊麗な形のものを一般に宝相華文様と呼んでいる。〈ほっそうげもん〉ともいう。しかしどのような形式の唐草を宝相華と名付けるかについては,はっきりと規定されてはいない。またその起源も定説はないが,実際に宝相華という花があってそれを文様化したというよりは,唐代の意匠家がパルメット唐草をその時代にふさわしく花のイメージをもって変えたものとみられる。そのイメージの中にはボタン(牡丹)シャクヤク(芍薬)フヨウ(芙蓉)などがあったと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宝相華文
ほうそうげもん

中国では唐・宋(そう)代、日本では奈良時代から平安時代にかけて流行した華文である。「ほっそうげもん」ともいう。『花経』『洛陽(らくよう)花木記』『(へいし)月表』あるいは『花史』『草花譜』などの記事を総合すると、宝相華はボタンイバラ(トキンイバラとも)をさすものと考えられる。また宋代の詩人・梅堯臣(ばいぎょうしん)(1002―60)や苑成大(はんせいだい)(1126―93)の詩に宝相華を詠んだものがある。ただこの模様が、元来ボタンイバラをモチーフとした華文であるのか、あるいは、牡丹(ぼたん)、蓮花(れんげ)、葡萄(ぶどう)などから合成された架空の花模様をボタンイバラに見立て、宝相華と名づけられるようになったかは明らかでない。村元雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝相華文の関連キーワード海獣葡萄鏡唐草文唐草唐草瓦宝相華唐草文様葡萄唐草白川路流雲文雲唐草文

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宝相華文の関連情報